ドコモやソフトバンク携帯電話料金を安くする方法はワイモバイル

携帯電話料金を安くする方法

 

「月々の携帯電話料金を少しでも安く抑えたい!」と言うのはドコモ、ソフトバンク、auを使う方に多い声となります。

 

先輩「ラフテルさ〜、おれauなんだけど、なんでこんなにケータイ料金高いの?」

 

ラフテル「いや、先輩…それを僕に聞かれても困るんですけど」

 

 

先輩「auに限らず、ドコモ、ソフトバンクもそうだと思うけどスマホ代高くね?」

 

ラフテル「たしかに高いですよね、だからこそYモバが人気なんですけどね」

 

 

先輩がぼったくりじゃないかと言いだしたので、3社携帯電話キャリアの一人分での料金を調べました。

 

 

ドコモ、ソフトバンク、auの料金を調べてみた

 

【2GBプラン】

 

  • ドコモ カケホーダイ2700円+ネット接続料300円+データSパック3500円=月6500円
  • au スーパーカケホ1700円+ネット接続料300円+1GBデータ定額2900円+1GB追加1000円=月5900円
  • SB スマ放題ライト1700円+ネット接続料300円+1GBデータ定額2900円+1GB追加1000円=月5900円

 

※2017年の情報です

 

このような感じで2GBだとauとソフトバンクがドコモより月々600円安くなります。

 

なのでライトユーザーはエーユー、ソフトバンクのどちらかにしましょう。

 

 

てか携帯キャリア3社高いな、オイ!

 

2GBプランで定額5900〜6500円って高すぎるでしょ。そりゃ、みんな携帯料金を安くしたいと考えるわけです(・_・;)

 

 

【3GBプラン】

 

  • ドコモ カケホーダイライト1700円+ネット接続料300円+データMパック5000円=月7000円
  • au スーパーカケホ1700円+ネット接続料300円+3GBデータ定額4200円=月6200円
  • SB スマ放題ライト1700円+ネット接続料300円+1GBデータ定額2900円+2GB追加2000円=月6900円

 

3GBの場合はドコモはプランにないので5GBで計算してます。

 

ソフトバンクも3GBプランはないため1GBに2GB追加で計算しており、3GBならauが月6200円でイチバンお得に使えます。

 

3GBで月額6200〜7000円もするんかよ、残業代で考えたら何時間分だよクソったれ(#^ω^)

 

 

【5GBプラン】

 

  • ドコモ カケホーダイライト1700円+ネット接続料300円+データMパック5000円=月7000円
  • au スーパーカケホ1700円+ネット接続料300円+5GBデータ定額5000円=月7000円
  • SB スマ放題ライト1700円+ネット接続料300円+5GBデータ定額5000円=月7000円

 

5GBの場合はドコモ、au、ソフトバンクともに月7000円なので横並びです。

 

学割とかを使ってないならどれを選んでも変わりありませんね〜

 

ちなみに8GBでも3社8700円で共通になるので、5、8GB使うならどのキャリアを選んでもお得感はありません。

 

 

  • 2GBならauとソフトバンクがお得
  • 3GBならauがお得
  • 5、8GBは3社とも共通

 

ココまでの話をまとめると以上のようになります。

 

 

高い!

 

とにかく高いよケータイ料金、そりゃ政府も口だすよ。

 

電気代・水道代・光熱費・食費・年金・税金・自動車保険などなど「給料からどれだけ引かれるんだよ!」って感じです。

 

さらにココから携帯料金まで引かれるんだぞオイ…使えるお金ないよ、マジで金がないです(涙)

 

 

ワイモバイルへの乗り換えもあり

 

 

スマホ料金をガッツリ安くする方法ですがワイモバイルへの乗り換えも検討したほうが良いです。

 

先ほども見た通り、大手3社だとそこまで差が出ないので、お得感がほとんどないんですよね。ぶっちゃけトーク(・_・;)

 

 

1GBだとau・ソフトバンクが4900円ですが、Yモバイルだと月々2980円と圧倒的に安いです。

 

3GBプランだと一番お得なauが月6200ですが、Ymobileだと月々3480円なのでめちゃくちゃ安いです。

 

ただしこれらはスマホプラン割引を適用したときの話で、2年後以降、もしくは同じソフトバンクからMNPした場合は月1000円プラスになるので注意が必要です。

 

 

ワイモバイルは10分以内の通話が月300回まで無料なので、ネットもするし電話もたまに使うという人にはおススメです。

 

格安SIMのMVNOに比べると通話をした時お得になるので。

 

 

⇒格安SIM(MVNO)で得すると思ったら損した【通話料が欠点】

 

上の記事でも書きましたがMVNOは通話料金が1分で40円かかるので、ちょいちょい電話をかけてると、請求書をみてビックリします。

 

と言うか私は実際にビックリしましたので(;´Д`A ```

 

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話料金を安くしたいけど、ネットも通話もそこそこ使うというならYモバイルも候補に入れましょう〜

 

⇒評判が良いワイモバイル(Ymobile)に乗り換えたらダメな人

 

「MVNOよりYモバイルの方が得だな〜」店舗に行かなくてもネットでカンタンにお申し込みOK! 今すぐ↓をクリックして公式サイトからMNPしてみましょう!

 

 

⇒ワイモバイルの公式サイトよりMNPする

 


スポンサードリンク

関連ページ

乗り換えたらダメな人
評判が良いワイモバイルに乗り換えたらダメな人がいます。YmobileにMNPをするかどうかで悩んでる人にメリット・デメリットをわかりやすく解説。スマホ料金を安くするつもりが逆に損しないためにも必ず読んでくださいね。
ワイモバイル評判
ワイモバイル評判が赤丸急上昇中です!以上実況でした!
格安SIMで損した
格安SIM(MVNO)で得すると思ったら通話料が高すぎて逆に損した話
通信速度
ワイモバイルの通信速度は格安SIM(MVNO)より快適でサクサク動きます
ガラケーが934円
Yモバイルからガラケーかけ放題が1934円でできます!