スマホ 下取り端末

ドコモやauやソフトバンクのスマホ下取り端末でお得にMNP

下取り端末

 

少しでもお得に機種変更するなら下取り端末は必須!

 

 

前に実質0円スマホMNPのメリットが2016年2月から大幅変更でも書きましたが、
MNPでの一括0円キャッシュバックキャンペーン終了により、安く乗り換えできなくなりました。

 

しかも携帯電話の端末価格は1万円以上アップしたので、
今までのノリで機種変更をしようと思うとお金がかかりすぎて死ねます(・_・;)

 

じゃあお得なワザがなくなったのかと思いきや、
下取り端末を用意することでの値引きは継続どころか、
アンドロイド携帯の下取り価格は1万800円から2万1600円へと
2倍にアップさせてるので上手く活用するとお得にMNPできます!

 

 

下取り価格っていくら?

 

ケータイ電話料金

 

 

 

【iPhoneの下取り】

ドコモ 500〜30000円
au 1万800〜2万7000円
ソフトバンク 1万3560〜2万7000円

 

【アンドロイドの下取り】

ドコモ 500〜3000円
au 2万1600円
ソフトバンク 2万1600円

 

【ガラケーの下取り】

ドコモ 対象外
au 1万800円
ソフトバンク 1万800円

 

 

 

このような感じになっており、特にアンドロイドはauとソフトバンクの下取り価格が2万1600円で美味しいです。
逆にドコモはガラケーは対象外ですし、全体的にしぶいな〜という印象ですね(^^ゞ

 

なのでドコモにMNPするならiPhoneがお得ですし、
au、ソフトバンクならアンドロイド携帯の方がお得です!

 

 

iPhoneのチェックポイント

 

iPhone6S

 

 

スマホ下取り端末は故障してたら受け付けてもらえません、
具体的にいうと以下のチェックポイントをクリアしてないと
下取り端末として出すことが出来ないんですよね(^^ゞ

 

 

ちゃんと電源が入る
水没させてない
本体や液晶に割れやヒビがない
端末ロックがかかってない
ボタンを押して動く
カメラがちゃんと動く

 

 

この6つのポイントがクリアしてない場合は下取り端末として認められないことがあります、
なので完全にクラッシュしたアイフォンだとNGの可能性があるので注意です。

 

ちなみにガラケーだとiPhoneと比較してもうちょっと甘くて
電源が入り、端末ロック、水没の有無、本体と液晶に割れがなければOKです。

 

 

店頭受け付けだと融通が効く

 

ケータイ電話料金

 

 

大手携帯キャリア3社の店員さんと言えど人間です、
ロボットのように業務をこなす彼らも一人の人間なんです。

 

つまりなにが言いたいのかというと店頭受付の方がチェックが甘いです。
もうちょっと分かりやすくいうと、お願いすればなんとかなることがあります(∩´∀‘)∩わ〜い♪

 

 

郵送で下取りをだすと楽なんですけど向こうも機械的にチェックします、
しかし店頭の場合は手間はかかりますが対面になるので、
ボタンの効きが多少悪くても「これくらいなら良いですよ〜」と言ってくれます。

 

またお店が忙しいときは水没のチェックを飛ばすこともあり、
電源を入れて、ちょこちょこっと操作したらOKと言うこともあります。

 

なので使い方が荒くて、下取り端末として出せるか微妙なとき、
中古で安く下取り端末を用意してMNPで安く乗り換えるワザを使う時は
店頭でみてもらった方が確実かな〜と思いますね〜
郵送でだして、ダメだと返された時のムカつき度はハンパないので(;´Д`A ```

 

 

まとめ

 

スマートフォン価格安くする方法

 

  • 下取り価格はドコモ、ソフトバンク、auで差がある
  • 故障がなければ下取りに出せる
  • 店頭チェックの方が審査がゆるい

 

アンドロイド携帯、iPhoneのどちらでもドコモ、ソフトバンク、auで下取り価格に差があります。

 

電源が入り、端末ロック、水没がない、液晶の割れがなければ基本的には下取りしてもらえますが、
もしも心配なら郵送ではなくて、店頭でチェックを受けた方が、
人間同士のやり取りになるの審査がゆるくなるというメリットがあります。

 

ドコモ、ソフトバンク、au実質0円キャッシュバックがなくなったいま、
下取り端末で少しでもお得にするのは必須ですので必ずやるようにしてください。

 

もし端末がない場合は中古で安く買ってでも下取り端末を用意した方がお得ですので〜

 

 

ただドコモ、ソフトバンク、auで下取りを出すよりも、
おとくケータイ.netでキャッシュバックを受けた方がお得だったりします。

 

「えっ!? キャッシュバックあるの?」って感じでしょうが、
ドコモ、auからソフトバンクにMNPをする時、
おとくケータイ.netを使えばキャッシュバックをもらえます!

 

スポンサードリンク



キャッシュバックでお得に乗り換え




一括0円がほぼなくなった
キャッシュバックもなくなった
月々の料金が高くなった


これからスマホを買おうとしていた私は、どうしようもなくなって途方に暮れていました。

そんな中で、唯一と言っていいほどの救いを見つけました。日本全国いつでもどこでも買える「おとくケータイ.net」です。

最新機種が一括0円で手に入る、さらにキャッシュバックが●万円もらえます!

格安スマホのように月額料金は安くなりませんが、一括0円で最新機種が手に入り、キャッシュバックがあるので、月額料金に換算するとめちゃめちゃ安くなります。

しかも格安SIMのように通信速度が遅い、通話料が高い、キャリアメールが使えないなどのデメリットがありません。

おとくケータイ.netからソフトバンクへMNPするだけで、普通にソフトバンクへ乗り換えるより高額のキャッシュバックが…!?



⇒おとくケータイの公式サイトはこちら。



月々のスマホ料金をグッと安く


おとくケータイ.netのように最新機種を一括0円で手に入れることは出来ませんが、とにかく月額料金を安くしたいなら格安スマホで人気のYモバイルです。

格安SIMは通信速度が遅く、ネットが重い、キャリアメールが使えないなどデメリットはありますが、そのぶんドコモ、ソフトバンク、auと比較して月額料金が安いので人気急上昇中です。

スマホ代を押さえるためドコモからMNPで乗り換えたら、月の携帯料金が3000円以上安くなりました。

Yモバイルはドコモ、auからのMNP乗り換え割引で、月々2980円になるのでお金の節約になります。

申込みは5分で終わり、すぐ格安スマホを手に入れれます。

⇒いますぐクリックして公式サイトをチェック



関連ページ

キャッシュバック術
スマホの料金を安くするためおとくケータイ.netを使った口コミ評判とMNPキャッシュバック方法を解説
3社の学割比較
携帯電話、スマホの料金を安くするため学割の料金をauとドコモとソフトバンクで比較
マイネオの口コミ
携帯電話、スマホの通話料や料金を安くできる格安SIMマイネオ(mineo)口コミ評判レビュー
0円で通話する技
携帯電話、スマホの料金を安くするために音声通話を0円でする方法を解説
通信量を少なくする
携帯電話、スマホの料金を安くするために通信量を少なくする方法を解説
スマホキャッシュバック
ドコモ、ソフトバンク、auの携帯電話、スマホキャッシュバックが終了したけど、まだキャンペーンをやってる店舗はある?
MNPと安倍首相
携帯電話、スマホの料金を安くするためのMNP合戦が安倍総理の発言で変わった
スマホ0円廃止
携帯電話、スマホ実質0円を廃止したドコモ、ソフトバンク、auからお得にMNPする方法はあるのか?
スマホを長く使う
携帯電話、スマホの料金を安くするためには長く使うのが一番
初心者 格安SIM
携帯電話、スマホの料金を安くする格安SIM(MVNO)の乗り換えを初心者にも分かりやすく書きます
格安スマホのメアド
格安スマホに乗り換えるとドコモ、ソフトバンク、auのメールアドレスが使えないデメリットがあります
格安スマホとライン
携帯電話、スマホの料金を安くするワザについて解説
iPhone7の赤ロム
アイフォン7(iPhone7)の赤ロム販売の激安スマホ中古品に注意!
ソフトバンク学割
ソフトバンクの学割モンスターU25と18を使い、2017年で料金を安くする条件とお申し込み期間をご紹介。
ドコモの学割2017
ドコモの学割2017年だとiPhone7(アイフォン)の月額料金がいくらになるのかシュミレーション
ドコモは料金が高い
ドコモの携帯電話やスマホの料金が高い理由を暴露
MNP引き止めポイント
MNP引き止めポイントは2017年でもある?auのコジ割はいくら?