ドコモの学割2017年版だとアイフォン7の月額料金は?

ドコモ学割2017

 

「ドコモの学割2017は分かりにくい」

 

「ってかどのケータイ会社も、料金分かりにくいんだよ…」

 

 

ドコモ、ソフトバンク、auの学割に限らず、ケータイ料金って分かりにくいんですよね。

 

「わざと分かりにくくして、お金をガッポリって魂胆(こんたん)じゃね?」とかうたがってしまいます。

 

そこで今回はドコモの学割2017年版について解説をします(∩´∀`)∩わ〜い♪

 

 

アイフォン7の32GBを新規契約する場合

 

中高年の子供

 

親がドコモに契約してて、家族でパケットシェアをして、お子様が「友達もアイフォン7なんだよ、アンドロイドはイヤだよ」って言った場合、月々の携帯料金はいくらになるのかシュミレーションしました。

 

 

 

【アイフォン7 32GB】

 

  • カケホーダイライト 1700円
  • シェアオプション 500円
  • SPモード300円
  • 機種代 648円
  • 学割 -1000円

 

合計 月々2148円

 

 

 

ちなみにドコモの料金シュミレーションで学割をつけても、料金がマイナス1000円にならないので、公式ホームページがバグってます。

 

そもそもカケホーダイライト+シェアオプション+SPモードで2500円のはずなのに、ホームページでは毎月の利用料金が2700円って出てますので、これはもう完全にバグってますが、計算上は月々2148円になります。

 

 

自分だけドコモにしたい方へ

 

スマホをもつ女性

 

「家族はドコモじゃない! でもオレはドコモがいい!」

 

親がソフトバンク、auだけど、友達、彼女がドコモだから、
おそろにしたいと言う人もいると思います。

 

この場合、どうなるのかシュミレーションしました。

 

 

 

【アイフォン7 32GB 5GBパック】

 

  • カケホーダイ 2700円
  • データSパック2GB 3500円
  • SPモード 300円
  • 機種代 648円
  • ドコモ学割 -1000円
  • U25応援割 -1000円

 

合計 月々5648円

 

 

ハイ、クソ高いです、本当にありがとうございました(白目)

 

これが有名な携帯料金マジックです。

 

 

ドコモ学割2017

 

ドコモホームページを見て上の画像を見たとき、「ウホ! 月1500円とか安すぎ!」って思いませんでしたか?

 

でもドコモを利用してる家族と一緒なら、家族割的なモノを適用して安くするってことです。

 

 

「1500円/月〜」の最後についてる「〜」が曲者なんですよ。

 

小さな文字で機種代、登録手数料はかかりますと書いてるので、結局は2000円以上かかりますからね(;´Д`A ```

 

家族がソフトバンク、auを使ってて、1人だけドコモに加入する場合、月5500円オーバーです。

 

 

店頭に行ってショップ店員さんに聞くべき

 

携帯ショップ店員の女性

 

現在はドコモオンラインショップという便利なモノがあります。

 

ネットから直接お申し込みできるので、お店に並ぶ必要がないスグレモノです(∩´∀‘)∩わ〜い♪

 

 

ただ携帯料金はガチで分かりにくいです。

 

頭の良い人が、あの手この手で考えており、パッと見ると安く見えるんだけど、実際はオプションを付けたり、家のインターネットもフレッツ光にすることで料金を安くしますって手法です。

 

なので家族割なしで、自分だけドコモに新規契約すると、学割ありでも月々5500円以上になるんです。

 

 

ドコモオンラインショップで申し込んだあとに、携帯電話の明細書をみて「アレアレ?」とならないよう、メンドクサイと思いますがお店に行って、店員さんに直接きくべきだと感じます。

 

ドコモは待ち時間が1時間とかザラですが、1〜2年で1回いくだけですからガマンしましょう。

 

 

ドコモ学割を解説

 

猫

 

次にドコモ学割2017の詳細情報を解説していきます。

 

 

  • 期間 2017年5月31日まで
  • 年齢 25歳以下(学生じゃなくてもOK)

 

ちなみにドコモ学割2017年版にはU25応援割と言うのがあって、26歳の誕生日まではずっと基本使用料から500円割引されます。

 

ただカケホーダイプランのみの適用なのがエグイです。カケホーダイライトだとダメなので注意が必要です。

 

 

あと最大36ヶ月、つまり3年間はボーナスパケットが月5GB、U25応援割が1GB追加なので合計6GBになります。

 

なのでカケホーダイライト+データパックM(合計月6648円)より、カケホーダイ+データパックS(合計5648円)の方が安くなります。

 

データパックSは月2GBですが、ボーナスパケット+U25応援割と合わせると合計8GBなので十分です。

 

この辺もお店にいけば教えてくれますが、ドコモオンラインショップだと教えてくれないので注意が必要です。

 

 

まとめ

 

それではドコモの学割2017年版でのアイフォン7の月額料金、詳細情報についてまとめます。

 

ポイント

 

  • 家族がドコモ 月々2148円
  • 自分だけドコモ 月々5648
  • 期間 2017年5月31日まで
  • 年齢 25歳以下(学生じゃなくてもOK)
  • U25応援割はカケホーダイのみ
  • ボーナスパケットがある

 

 

ドコモのホームページをみると安い金額がのってますが、家族でドコモを使っており、シェアオプションありでの話しです。

 

なので家族でドコモ利用者がおらず、自分だけ新規契約をする場合はデータパックS(2GB)でも5648円、データパックM(5GB)だと月6500円を超えてきます。

 

 

学割の期間は2017年5月31日までで、25歳以下は学生じゃなくってもOKなので早めに契約しましょう。

 

学割で月1000円安くなりますし、ボーナスパケットもあるのでお得です。

 

 

ただ学割っていうのはドコモだけじゃなくって、ソフトバンク、auもあります。

 

テレビでガンガンCMをやってるのでご存知でしょうが。

 

なのでドコモ以外でも大丈夫なら、安いことで有名なソフトバンクも検討すべきです。

 

「ドコモ高いな〜、ソフトバンクも調べてみるか」って方はこちら↓

 

⇒ソフトバンク学割2017年バージョンを解説してみた


スポンサードリンク



キャッシュバックでお得に乗り換え


  • 一括0円がほぼなくなった
  • キャッシュバックもなくなった
  • 月々の料金が高くなった


これからスマホを買おうとしていた私は、どうしようもなくなって途方に暮れていました。

そんな中で、唯一と言っていいほどの救いを見つけました。日本全国いつでもどこでも買える「おとくケータイ.net」です。

最新機種が一括0円で手に入る、さらにキャッシュバックが●万円もらえます!

格安スマホのように月額料金は安くなりませんが、一括0円で最新機種が手に入り、キャッシュバックがあるので、月額料金に換算するとめちゃめちゃ安くなります。

しかも格安SIMのように通信速度が遅い、通話料が高い、キャリアメールが使えないなどのデメリットがありません。

おとくケータイ.netからソフトバンクへMNPするだけで、普通にソフトバンクへ乗り換えるより高額のキャッシュバックが…!?



⇒おとくケータイの公式サイトはこちら。



月々のスマホ料金をグッと安く


おとくケータイ.netのように最新機種を一括0円で手に入れることは出来ませんが、とにかく月額料金を安くしたいなら格安スマホで人気のYモバイルです。

格安SIMは通信速度が遅く、ネットが重い、キャリアメールが使えないなどデメリットはありますが、そのぶんドコモ、ソフトバンク、auと比較して月額料金が安いので人気急上昇中です。

スマホ代を押さえるためドコモからMNPで乗り換えたら、月の携帯料金が3000円以上安くなりました。

Yモバイルはドコモ、auからのMNP乗り換え割引で、月々2980円になるのでお金の節約になります。

申込みは5分で終わり、すぐ格安スマホを手に入れれます。

⇒いますぐクリックして公式サイトをチェック



関連ページ

キャッシュバック術
スマホの料金を安くするためおとくケータイ.netを使った口コミ評判とMNPキャッシュバック方法を解説
3社の学割比較
携帯電話、スマホの料金を安くするため学割の料金をauとドコモとソフトバンクで比較
マイネオの口コミ
携帯電話、スマホの通話料や料金を安くできる格安SIMマイネオ(mineo)口コミ評判レビュー
0円で通話する技
携帯電話、スマホの料金を安くするために音声通話を0円でする方法を解説
通信量を少なくする
携帯電話、スマホの料金を安くするために通信量を少なくする方法を解説
スマホキャッシュバック
ドコモ、ソフトバンク、auの携帯電話、スマホキャッシュバックが終了したけど、まだキャンペーンをやってる店舗はある?
MNPと安倍首相
携帯電話、スマホの料金を安くするためのMNP合戦が安倍総理の発言で変わった
下取り端末で得する
携帯電話、スマホの料金を安くするためにドコモやauやソフトバンクの下取り端末は必須!
スマホ0円廃止
携帯電話、スマホ実質0円を廃止したドコモ、ソフトバンク、auからお得にMNPする方法はあるのか?
スマホを長く使う
携帯電話、スマホの料金を安くするためには長く使うのが一番
初心者 格安SIM
携帯電話、スマホの料金を安くする格安SIM(MVNO)の乗り換えを初心者にも分かりやすく書きます
格安スマホのメアド
格安スマホに乗り換えるとドコモ、ソフトバンク、auのメールアドレスが使えないデメリットがあります
格安スマホとライン
携帯電話、スマホの料金を安くするワザについて解説
iPhone7の赤ロム
アイフォン7(iPhone7)の赤ロム販売の激安スマホ中古品に注意!
ソフトバンク学割
ソフトバンクの学割モンスターU25と18を使い、2017年で料金を安くする条件とお申し込み期間をご紹介。
ドコモは料金が高い
ドコモの携帯電話やスマホの料金が高い理由を暴露
MNP引き止めポイント
MNP引き止めポイントは2017年でもある?auのコジ割はいくら?