格安スマホ ライン引き継ぎ

格安スマホでLINE(ライン)引き継ぎする時のポイント

格安スマホ ライン引き継ぎ

 

「格安スマホでLINEって使えるの?」

 

 

 

「なあラフテル、格安スマホが流行ってるけどLINEって使えるの?」

 

「使えますよ先輩、でもSIM選びやアカウント引き継ぎには注意してくださいね」

 

 

「そっか〜、それなら良かったよ。格安スマホってキャリアメールが使えないじゃん? 
それでLINEアカウントも引き継げなかったら連絡が取れなくなるからな」

 

「たしかにそうですよね、キャリアメールも使えない、LINEも使えないじゃあ、
友達と連絡が取れなくなって困りますからね…」

 

 

 

格安スマホはキャリアメールが使えないので、
フリーメールを使うしかありませんが受信側のドコモ、ソフトバンク、auが
ブロックしてしまうのでメールが届かない可能性が高いんですよね。

 

↓詳しくはこちらの記事を読んでください!
格安スマホのメールアドレス問題と引き継ぎについて

 

 

話を戻しますとLINEは格安スマホでも使えますが、
SIM選び、アカウントの引き継ぎ方の知識がないと今まで通り使えない恐れがあります。

 

なので今回は格安スマホでもラインを快適にサクサク使えるように、
注意すべきポイントをレクチャーしますので、さっそく見ていきましょう!

 

 

SMS対応のSIMカードを選ぶべし

 

格安SIM

 

 

文章での解説もしますが便利な動画あるのでご紹介します。
⇒格安SIMでLINEを使うために知っておきたい注意点と対処方法

 

 

まずSIM選びの注意点ですがSMS対応のモノを選んでください。

 

格安スマホはデータ通信専用のプランがあり、
価格を安くするためにこのプランを選ぶ方も多いのですが、
データ通信専用の格安SIMにはSMS(ショートメッセージ)に対応してるモノ、そうじゃないモノがあり、
SMS対応のSIMだとLINE認証がカンタンです。

 

SMS対応の格安SIMを選べば今までと同じ手順でライン認証ができるので、
すでにLINEを使ってる方なら問題なく引き継ぎをできます(∩´∀`)∩わ〜い♪

 

 

SMS非対応SIMを買ってしまった方へ

 

格安SIM

 

 

この記事を読んだのがMVNOする前なら良いのですが、
すでにSMS非対応の格安SIMを購入してMNPしてる場合は
「マジかよ…オワタ」と思ってるかもしれません。

 

しかしSMS非対応のSIMカードでも、
フェイスブックアカウントで認証をすればLINEは使えます。

 

 

ただLINEではない通常の携帯電話、固定電話に通話をする、
ラインOUTというサービスはデータ通信専用の端末では出来ません。

 

アレは電話番号の認証が必要になるからダメなんですよ…
でもLINEユーザー同士でアプリを使って通話をすることはできます^^

 

 

LINEアカウントのデータ引き継ぎ方法

 

格安SIM ライン

 

 

今使ってるスマホのLINEデータを引き継ぎたい場合、
MNPする前にフェイスブックとラインアカウントを紐づけしましょう。

 

「LINEを起動→設定→フェイスブック連携する」で紐づけ出来ます^^

 

またトークの履歴については「メニュー→トーク設定→トーク履歴をバックアップ」でOKです。

 

ただアンドロイドユーザーでは出来ますが、
アイフォンだとこの記事を書いてる時点では出来ませんので、
注意をするようにしてくださいね(;´Д`A ```

 

 

これらの設定は格安スマホに乗り換える前にやってください!

 

乗り換えたあとに設定する必要があるので、
事前にこの記事を読んでるあなたはラッキーです、
あとから知ったら文字通り、後の祭りですからね(^_^;)

 

 

格安スマホだとID検索できない

 

格安SIM ライン

 

 

ここまで紹介した手順をキッチリと押さえてくれれば
ドコモ、ソフトバンク、auの携帯電話と同じようにLINEを使えます。

 

ただ一つ格安スマホのデメリットとしてID検索が使えません。

 

 

すでに多くの友達とつながってる場合は
ID検索をする機会も少ないので問題はないでしょうが、
これから大学へ進学する、就職して新社会人になるような方は
ID検索ができないと不便に感じる可能性があります。

 

「いや〜実は格安スマホだからID検索できないんですよ…」とか言っても、
相手に格安SIMの知識がなかったら「はあ? なに言ってるの?」となりますから(^^ゞ

 

 

個人的にはそこまで不便に感じたことはありませんが、
人によっては大きなデメリットになる可能性があります。

 

格安スマホは価格が安いのが大きなメリットですが、
通話料が高い、データ通信が遅い、キャリアメールが使えないなど
デメリットもありますのでちゃんと理解してから乗り換えてくださいね〜

 

↓こちらの記事もよく読まれています
⇒格安SIM(MVNO)で得すると思ったら損した

スポンサードリンク



キャッシュバックでお得に乗り換え




一括0円がほぼなくなった
キャッシュバックもなくなった
月々の料金が高くなった


これからスマホを買おうとしていた私は、どうしようもなくなって途方に暮れていました。

そんな中で、唯一と言っていいほどの救いを見つけました。 日本全国いつでもどこでも買える「おとくケータイ.net」です。

最新機種が一括0円で手に入る、さらにキャッシュバックが●万円もらえます!

格安スマホのように月額料金は安くなりませんが、 一括0円で最新機種が手に入り、キャッシュバックがあるので、 月額料金に換算するとめちゃめちゃ安くなります。

しかも格安SIMのように通信速度が遅い、通話料が高い、キャリアメールが使えないなどのデメリットがありません。

おとくケータイ.netからソフトバンクへMNPするだけで、 普通にソフトバンクへ乗り換えるより高額のキャッシュバックが…!?



チェック⇒おとくケータイ.netの公式サイトはこちら



月々のスマホ料金をグッと安く


おとくケータイ.netのように最新機種を一括0円で手に入れることは出来ませんが、とにかく月額料金を安くしたいなら格安スマホで人気のYモバイルです。

格安SIMは通信速度が遅く、ネットが重い、キャリアメールが使えないなどデメリットはありますが、そのぶんドコモ、ソフトバンク、auと比較して月額料金が安いので人気急上昇中です。

スマホ代を押さえるためドコモからMNPで乗り換えたら、月の携帯料金が3000円以上安くなりました。

Yモバイルはドコモ、auからのMNP乗り換え割引で、月々2980円になるのでお金の節約になります。

申込みは5分で終わり、すぐ格安スマホを手に入れれます。

⇒いますぐクリックして公式サイトで詳細を確認



関連ページ

キャッシュバック術
スマホの料金を安くするためおとくケータイ.netを使った口コミ評判とMNPキャッシュバック方法を解説
3社の学割比較
携帯電話、スマホの料金を安くするため学割の料金をauとドコモとソフトバンクで比較
マイネオの口コミ
携帯電話、スマホの通話料や料金を安くできる格安SIMマイネオ(mineo)口コミ評判レビュー
0円で通話する技
携帯電話、スマホの料金を安くするために音声通話を0円でする方法を解説
通信量を少なくする
携帯電話、スマホの料金を安くするために通信量を少なくする方法を解説
スマホキャッシュバック
ドコモ、ソフトバンク、auの携帯電話、スマホキャッシュバックが終了したけど、まだキャンペーンをやってる店舗はある?
MNPと安倍首相
携帯電話、スマホの料金を安くするためのMNP合戦が安倍総理の発言で変わった
下取り端末で得する
携帯電話、スマホの料金を安くするためにドコモやauやソフトバンクの下取り端末は必須!
スマホ0円廃止
携帯電話、スマホ実質0円を廃止したドコモ、ソフトバンク、auからお得にMNPする方法はあるのか?
スマホを長く使う
携帯電話、スマホの料金を安くするためには長く使うのが一番
初心者 格安SIM
携帯電話、スマホの料金を安くする格安SIM(MVNO)の乗り換えを初心者にも分かりやすく書きます
格安スマホのメアド
格安スマホに乗り換えるとドコモ、ソフトバンク、auのメールアドレスが使えないデメリットがあります
ソフトバンク学割
ソフトバンクの学割モンスターU25と18を使い、2017年で料金を安くする条件とお申し込み期間をご紹介。
ドコモの学割2017
ドコモの学割2017年だとiPhone7(アイフォン)の月額料金がいくらになるのかシュミレーション